一般社団法人相模原市手をつなぐ育成会


会活動

平成28年度事業計画
(期間:平成28年4月1日〜平成29年3月31日)

1 障害者福祉に係わる各種機関及び団体との連携
  障害福祉政策課、障害福祉サービス課、福祉事務所、児童相談所、障害者支援センター、教育委員会、養護学
  校、特別支援学校、社会福祉協議会等関係機関と連携を図り、知的障害児者の育成及び支援に資する。

2 知的障害児者に対する理解向上のための啓発活動
 (1)会報発行『こぶし』 
 (2)チャリティーボックス運動
 (3)ほかほかふれあいフェスタに参加

3 知的障害児者に関する相談室の運営
  事務所に相談窓口を設け、理事及び障害福祉相談員が会員の相談に対応する。内容は範囲を決めず「よろず」
相談とする。

4 障害福祉サービス事業の実施
(1)生活ホームフロイデの運営・・・・・共同生活住居(ホーム)フロイデとアベーテ
(2)もみの木S(居宅支援、外出支援)の運営
(3)レストランあい(就労継続支援A)の運営 
生活介護施設(定員10名程度の小規模施設を想定)との多機能型事業所への移行を継続検討。     

5 障害児者一時ケアもみの木ホームの運営
  障害のある人とその家族が、地域生活を送る上で日常生活が、心身ともに健全であるよう、デイケア及びナイトケ
アを実施し、生活支援を行う。

6 もみの木S送迎事業の運営
  福祉有償運送事業を運輸局の許可により行う。 

7 激励等事業の実施
(1)知的障害児者及び保護者の激励行事の開催
 バス旅行を年2回おこなう。
新年会・親睦会
(2)家族支援
家族に問題が生じたときなどの相談・解決の支援等を行い、頼りになる育成会として役立つ。
(3)交流事業
  知的障害児者及び保護者等の交流の機会をつくり、手をつなぐ親の会を実践していく。

(4)障害児者支援団体への助成
主に知的障害児者への支援活動を行っている団体への助成を行う。

8 知的障害者の本人活動支援(社会参加推進)事業の実施
  あじさい青年学級を運営する(例、スキー教室、キャンプ、スポーツなど)

9 外部委員会、協議会、審議会等への委員等としての参加
(1)相模原市障害者施策推進協議会
(2)相模原市障害児者福祉団体連絡協議会
(3)相模原市障害者自立支援協議会
(4)相模原市社会福祉審議会
(5)かながわ共同会評議員

10 知的障害児者の地域生活、教育、就労、人権問題等に関する研修講座の開催と参加
 (1)育成会活動の活性化を目的とした講演会および研修会の実施及び参加
 (2)手をつなぐ育成会、県大会への参加
 (3)手をつなぐ育成会、関東甲信越大会への参加 
 (4)手をつなぐ育成会、全国大会への参加 
 (5)相模原市障害児者福祉団体連絡協議会の協賛する催し物への参加
 (6)各福祉団体の主催する講演会等への参加

11 その他目的を達成する為に必要な事業
  親の高齢化に伴う準備
(1)人権擁護について
成年後見制度活用の促進
(2)グループホームの360日化の検討
       
12 その他
 (1)市障害政策課との懇談会、健康福祉局長との懇談会への参加
 (2)特別支援教育機関との連携
    特別支援学級、特別支援学校等関係者との交流と相互協力
 (3)会議の開催
   イ 隔月1回の理事会、臨時理事会の開催
   ロ 隔月1回のグループ代表者会の開催
   ハ 随時グループ会の開催
   ニ 経営(運営)会議の随時開催(実行予算の執行状況を把握し、問題点を早期に改善するとともに、業務遂行
     上の方向を定め、将来の事業のあり方を検討する。)
 (4)総会
   イ 3月予算総会
   ロ 5月決算総会  
   ハ 臨時総会
 (5)その他会議への出席


 平成28年度 本部関連行事予定表
  期間:平成28年4月1日〜平成29年3月31日
会議
研修会・委員会
事業・その他
4月

「こぶし」発行
5月
決算総会28日
理事会
グループ代表者会
障害政策課との懇談会
県育成会総会
6月

日帰りバスハイク:26日
7月
理事会
グループ代表者会
全国手をつなぐ育成会連合会神奈川大会、関
東甲信越大会:2日、3日
「こぶし」発行
8月

9月
理事会
グループ代表者会
障害者雇用促進街頭キャンペーン
10月
福祉相談員連絡会
手をつなぐ育成会県大会
ほかほかふれあいフェスタ
「こぶし」発行
11月
理事会
グループ代表者会
日帰りバスハイク :27日
12月
障害者の日の街頭キャンペーン
ほかふれフェスタ障害者週間キャンペーン
1月
理事会
グループ代表者会
新年会・親睦会
「こぶし」発行
2月

行政とれんきょうとの懇談会
3月
予算総会
理事会
グループ代表者会
行政との懇談会
グループ代表者会:新旧代表者参加

*その他
・臨時理事会は、必要に応じ随時開催
・会員の要望により、講演会、研修会等を行う

平成28年度 激 励 等 事 業

1 事業の目的
  知的障害児者に関する調査・研究及び障害児者への理解向上のための啓発活動と相談室の運営並びに激励事
業(市内の知的障害者の家族間の交流・親睦の場を提供し、同じ悩みを持つ人達が、手をつなぎ協力して困難に対
応できるよう行事を企画・実施する。主な行事は、バス旅行・新年会・勉強会等。)を行う。

2 平成28年度の主な活動計画
(1)激励事業
  @ 年2回のバス旅行を企画します。
   バス台数は、1回目(6月)2台分・2回目(11月)1台です。
   参加者は、育成会会員と障害を持つ子を優先としますが、市内の知的障害者の保護者と知的障害者へも呼び
かけます。又優先度は下がりますが、育成会の運営施設職員も参加が可能です。
 A 新年会・親睦会
(2)広報事業
  @ 広告の掲載・・・・育成会の紹介を「福祉のしおり」へ掲載。
  A 育成会広報誌「こぶし」の発行・・・・・4・7・10・1月の年4回
  B 育成会ホームページにて育成会活動状況を掲載。
  C その他

(3)調査・研究
    情報収集、アンケート調査、育成会全国大会・関東甲信越ブロック大会・県大会への参加
   28年度全国大会・・・7月2日、3日神奈川県開催(県民ホール・ワークピア横浜)
   28年度関東甲信越ブロック大会・・・全国大会と同時併開催
   28年度県大会・・・未定
(4)研修会
   講演会の開催・共催。
(5)障害児者支援団体への助成
   主に知的障害児者への支援活動を行っている団体への助成を行う。

平成27年度激励等事業報告
1.事業の目的
知的障害児者に関する調査・研究及び障害児者への理解向上のための啓発活動と相談室の運営並びに激励事業
(市内の知的障害者の家族間の交流・親睦の場を提供し、同じ悩みを持つ人達が、手をつなぎ協力して困難に対応
できるよう行事を企画・実施する。主な行事は、バス旅行・新年会・勉強会等)を行う。
2.主な活動
(1)激励事業
  @年2回のバス旅行
   6月7日(日) さくらんぼ狩り(山梨) バス2台  56名参加            
   3月14日(日) いちご狩り(千葉) バス1台  34名参加
  A成人は、該当者なし。
(2)広報事業
  @ 広告の掲載・・・・育成会の紹介を「福祉のしおり」へ掲載
  A 育成会広報誌「こぶし」の発行・・・・・4月・7月・10月・1月発行
  B 育成会ホームページにて育成会活動状況を掲載
(3)研修会
  12月20日(日)・・・「人権フォーラムかながわ21」(かながわ共同会主催)を共催
   1月24日(日)・・・連協講演会『差別解消フォーラム』への参加
(4)交流事業 
  @会員の交流の場への助成・・・会員同士の親睦、会員を代表として障害を持つ保護者との交流に、
    1回500円/人・年5回/人の助成を行った。
  A新成人を応援する会 1月17日(日)「新成人を祝う会」後援
    

      
戻る
戻る